海外FXの信託保全 種類と業者の信託保全一覧

「海外FXの信託保全には、どんな種類のものがあるの?」

「海外FX業者が行っている信託保全の内容が知りたい」

このような海外FXの信託保全について知りたい人向けに、海外FXの信託保全の種類や、業者の信託保全の一覧を紹介して行きます。

国内FXは法律上、信託保全が必須になっていますが、海外FXは信託保全が必須ではなく、任意でそれぞれの会社独自で行っています。

加入しているライセンスによっては、補償が付いたライセンスもあるので、併せて紹介して行こうと思います。

このページで分かること
  • 信託保全の種類について知ることができる
  • 海外FX業者の信託保全の内容が分かる

 

海外FX 信託保全の種類

ここでは、「海外FXにはどんな信託保全があるのか」について解説していきます。

 
信託保全

信託保全とは
「海外FX業者が、顧客から預かった資金を信託銀行に預けて、万が一業者が破綻した際に、その信託銀行が投資家へ返金する資金管理システム」

このシステムによって、投資家が資産を預け入れた海外FX業者が倒産しても、信託銀行から資金が投資家のもとへ返ってきます。

倒産した時のリスクを回避できる点において非常に安全性の高いシステムです。

また、第三者が顧客の資金を預かることによって、顧客の資金が流用するリスクも抑えることが可能になり、信頼性を高く保てるシステムとなっています。

 
分別管理

分別管理とは
「顧客から預かった資産と業者の運営資産を別々に管理する資金管理システム」

このシステムのメリットは、資産の流用リスクを防ぐことに長けているという点です。

「経営が悪化した企業が顧客の資産に手を出す」ということを防ぐために、顧客の資産はA銀行へ、企業の資産はB銀行へ、といった具合に管理されます。

ただ、企業の倒産の際には、債権回収が優先されるため、顧客へ資金が返金されないというデメリットを含んでいます。

 
共同口座の分別管理

分別管理のうち、共同口座による分別管理という資産管理方法があります。

この方法では、資産流用リスクの回避を強化するために、外部の資産管理会社と共同口座を開設して、その口座で資産が管理されます。

そのおかげで外部の資産管理会社の監視のもと、資金の流れが逐一チェックされ、流用リスクの回避の面における安全性がより高くなります。

 
投資家補償基金

投資家補償基金とは
投資家補償基金(ICF)に加盟する海外FX業者が出資して、倒産した業者が出た場合に補償する制度(キプロス独自)
金融ライセンス補償
投資家補償基金キプロス(CySEC)1人2万ユーロ(約250万円)まで

この投資家保償基金はキプロス(CySEC)のライセンスを持つ海外FX業者が加盟する義務がある補償制度です。

海外FX業者の倒産の際に、上限額(1人2万ユーロ 約250万円)の範囲内で返金して顧客を助けることができます。

 
イギリス(FCA)CASSルール

イギリス(FCA)CASSルールとは
分別管理に関する規定のことでイギリスFCAに加入する海外FX業者は信託保全が義務付けられる
金融ライセンス補償
CASSルールイギリス(FCA)1人8.5万ポンド(約1000万円)まで

イギリス金融行為監督機構(FCA)では、全加盟業者がCASSルールを課せられています。

リーマンショックやMFグローバル破綻の際に、顧客資産の返還で問題が発生したため、今までのCASSルールが見直され、現在より強化された分別管理の状態で信託保全としての機能を果しています。

以前は補償額が1人5万ポンドでしたが、2019年4月から1人8.5万ポンド(約1,000万円)に変更になりました。

 
投資家資金補償保険

投資家資金保証保険とは
XMがAIG保険と締結した保険で、倒産した時にトレーダーに対して補償する制度
海外FX業者補償
投資家資金補償保険XM1人100万ドル(約1億円)まで

投資家資金補償保険はXMがAIG保険で入っている保険の種類となります。

以前のXMはキプロスライセンスを使って日本にサービス提供していましたが、キプロスからセーシェルに切り替えるときに、新たな補償が必要になりました。

そこでAIG保険と「投資家資金補償保険」の契約を締結することになりました。

補償は1人100万ドル(約1億円)となっています。

 

海外FX業者の信託保全一覧

ここからは海外FX業者の信託保全の種類を一覧でご紹介します。

 
XM

信託保全の有無補償内容管理銀行
AIG保険(投資家資金補償保険)1人100万ドルまでの補償イギリス バークレイズ銀行

XMは、信託保全としてAIG保険を取り入れています。このAIG保険は、投資家資金補償保険の部類に入ります。

資金の管理担当の銀行は、イギリスの「バークレイズ銀行」です。

補償内容は「1人100万ドルまでの補償」となっています。

XMの公式サイト

 
Axiory

信託保全の有無補償内容管理銀行
信託保全全額補償ドイツ ユニオン銀行(信託口座)

Axioryでは「信託保全」の資金管理体制が敷かれています。

資金を管理する管理銀行は、ドイツの「ユニオン銀行(信託口座)」が担っています。

補償内容は、倒産した時に投資家へ全額保証となっています。

Axioryの公式サイト

 
GemForex

信託保全の有無補償内容管理銀行
分別管理のみ

GemForexは「分別管理」のみで信託保全とはなっていません。

公式サイトでは「信託保全」と書いてありますが、「顧客との資金を別々に管理」としか書いて無く、信託銀行の情報などもありません。

別々に管理するだけでは信託保全と言うことができず、ここで言う信託保全の条件には合っていません。

GemForexの公式サイト

 
Tradeview

信託保全の有無補償内容管理銀行
信託保全1人35,000ドルまで補償イギリス サンタンデール銀行

Tradeviewでは、イギリスの「サンタンデール銀行」を信託銀行として、「信託保全」が導入されています。

1人35,000ドル(約350万円)までの補償となっています。

信託保全の金額は大きくはないので、350万円以上の資金を入れない方が良いでしょう。

Tradeviewの公式サイト

 
iFOREX

信託保全の有無補償内容管理銀行
分別管理のみ

iFOREXは「分別管理」のみとなり、信託保全は行っていません。

万が一、iFOREXが倒産した時はトレーダーの資金は補償されないので注意しましょう。

iFOREXの公式サイト

 
TitanFX

信託保全の有無補償内容管理銀行
信託保全全額補償オーストラリア NAB銀行

TitanFXは信託保全で全額補償となっています。

資金を管理する銀行は、オーストラリアの「NAB銀行」が担っています。

TitanFXでは会社が倒産した場合でも全ての資金が返ってくるので、安心して取引することができます。

TitanFXの公式サイト

 

Hotforex

信託保全の有無補償内容管理銀行
民事賠償保険制度(エラーや過失なども補償)1人500万ユーロまで非公開

Hotforexの入っている「民事賠償保険制度」は倒産に対する補償だけでなく、エラーや過失、詐欺などの金銭的損失に対しても補償されています。

1人500万ユーロ(約6億円)の補償があるので、金額としてはかなりのものとなります。

管理銀行の名前は非公開ですが、保険会社はRenaissance Insurance Brokers Ltd(ルネッサンス保険)という会社になります。

Hotforexの公式サイト

 
FBS

信託保全の有無補償内容管理銀行
分別管理のみ

FBSでは「分別管理」のみとなっているので、万が一の場合は補償はありません。

資金の入れすぎには注意しましょう。

FBSの公式サイト

 
LAND-FX

信託保全の有無補償内容管理銀行
分別管理のみ

LAND-FXは「分別管理」のみとなっているので、万が一倒産した場合は資金が補償されません。

資金の入れすぎには注意ですし、不景気の時や悪い噂が流れ始めたら、早めに出金するのがおすすめです。

LAND-FXの公式サイト

 

海外FXの信託保全まとめ

今回は「海外FXの信託保全」についてご紹介しました。

信託保全の方法は、業者ごとに違います。また、信託保全の種類もいくつか存在し、種類によって大きな違いがあります。

信頼性や安全性の高いFX業者を選ぶ際には、信託保全を一つの判断材料として見るようにしましょう。

 
【関連記事】