FBSの入金方法、入金手数料、入金できない場合の対処方法

fbs 入金

ここではFBSの入金方法、入金手数料、入金できない場合の対処方法を詳しく紹介して行きます。

FBSの入金方法は主に3種類に分かれますが「出金のことも考えて入金する」必要があります。

ここでは入金の反映される時間、手数料だけでなく、注意点についても詳しく紹介して行きます。

FBSの登録はコチラ

 

FBSの入金方法おすすめ

入金の種類特徴
1位 Bitwallet入金手数料が少しかかるが、どんなカードでも入金でき、出金の時も手数料が安い
2位 クレジットカード入金、出金ともに手数料がかからないが、エラーで入金できないことが多い
3位 STICPAYBitwalletと似ているが金額が大きくなると出金手数料が少し高い

FBSは「銀行振込」での入金が現在ないため、Bitwallet、クレジットカード、STICPAYの3種類の入金方法となります。

BitwalletやSTICPAYは「決済サービス」と呼ばれ、「振込 or カードでBitwalletに入金」→「BitwalletからFBSに入金」という2段階の方法を取ります。

BitwalletやSTICPAYへの銀行振込入金ができるため、銀行から入金したい人はBitwalletかSTICPAYを使いましょう。

「出金のことも考えた入金」だとBitwalletが一番おすすめです。

 

FBSの入金手数料

入金の種類入金手数料その他費用出金手数料
1位 クレジットカード無料なし無料
2位 Bitwallet無料Bitwalletにはカード8%~8.5%,銀行振込無料無料(銀行へは824円の手数料
3位 STICPAY2.5%+0.3ドルSTICPAYへの入金手数料カード3.85%,振込1%無料(銀行へは600円+2.5%)

FBSへの入金手数料を比較すると「クレジットカード入金」が一番安くておすすめです。

しかし、クレジットカード入金はエラーで入金できないことが多いので、Bitwalletで入金するのが一番安定しておすすめです。

STICPAYは金額が大きくなると、Bitwalletよりも出金手数料が少し高くなります。

 

FBSの入金に反映される時間

入金の種類反映時間
1位 クレジットカードリアルタイム
2位 Bitwalletリアルタイム
3位 STICPAYリアルタイム

FBSへの入金スピードはどれも「リアルタイム入金」のため早いです。

BitwalletやSTICPAYは、一度ウォレットへの入金が必要なため、クレジットカード入金が一番早いです。

 

FBSの入金 最低入金額(いくらから)

口座タイプスタンダードセントマイクロゼロスプレッドECN
最低入金額100ドル1ドル5ドル500ドル1000ドル

FBSの最低入金額は支払い方法による変わりはなく、「口座タイプ」によって最低入金額が決まっています。

セント口座やマイクロ口座は最低入金額が低く、スタンダード口座で100ドル(約11,000円)となります。

 

FBSの入金 営業時間と土日

入金の種類営業時間
1位 クレジットカード24時間OK
2位 Bitwallet24時間OK(銀行からBitwalletへの入金は平日15時まで)
3位 STICPAY24時間OK(銀行からSTICPAYへの入金は平日15時まで)

FBS入金の営業時間や土日は、どれも24時間休日もOKとなります。

ただBitwalletやSTICPAYへの入金に「銀行振込」を使う場合は平日の9時~15時の間に振り込まないと当日中に着金しないため注意が必要です。

 

FBSの入金 クレジットカード(デビットカード)

入金方法FBSの受取手数料振込側の手数料
クレジットカード無料無料

FBSのクレジットカード入金は手数料がかからず、即時に入金されるため、とても良いと思います。

しかし、クレジットカード入金は「エラー」が起きて、ほとんどのカードが使用することができません。

海外FX業者のクレジットカード出金は「入金のキャンセル」として出金されるため、クレジット会社は利益を得ることができず、海外FX業者と取引したくないのです。

そのため「入金エラー」となってしまいます。

入金できるカードを私の経験と2ch(5ch)情報を集めてみましたので、参考にしてください。

【入金できる可能性のあるカード】

  • ジャパンネット銀行VISAデビット
  • セブン銀行のデビットカード
  • エポスカードVISA
  • スルガ銀行デビットカード
  • JCBデビットカード
  • Yahoo! JAPANカード
  • VISAバンドルカード
  • VISAバウチャー(Voucher)カード
  • auWALLETクレジットカード(auウォレット)
  • Vプリカ

クレジットカードよりも「デビットカード」や「プリペイドカード」の方が入金できる可能性が高いです。

デビットカードやプリペイドカードは審査もなく誰でも発行できるので、ぜひやってみるのをおすすめします。

 
クレジットカードの入金方法

クレジットカードの入金方法は、まずFBSのマイページから、入金したい口座の右側にある「入出金」をクリックします。

 

VISAとJCBを選択できます。

 

入金額を入力しましょう。

 

  • CARD NUMBER:カード番号を入力
  • CARDHOLDER NAME:氏名を入力 (例)Taro Yamada
  • EXPIRES:カードの有効期限を入力
  • CVV2:カード裏面の3桁数字を入力

クレジットカードの詳細を入力します。

入力したら「Pay Now」をクリックしましょう。

 

クレジットカード入金が無事に成功すると「Confirmed」と表示されます。

これでFBSのクレジットカード入金が完了です。

 

FBSの入金 Bitwallet

FBSの受取手数料Bitwalletの手数料Bitwalletへの入金手数料
無料無料VISA・マスター8%,その他カード8.5%、銀行振込無料

Bitwallet(ビットウォレット)はFBSに入金できる「オンラインウォレット」で、Bitwalletにはクレジットカードだけでなく、銀行振込で入金することができます。

クレジットカード入金は手数料が少しかかりますが、どんなカードでも入金することができ、銀行振込は手数料無料で入金できます。

出金は手数料が安くできるので、FBSへの入金はBitwalletを一番多く使うことになると思います。

 
Bitwalletの入金方法

Bitwalletの入金方法は、まずFBSのマイページから、入金したい口座の右側にある「入出金」をクリックします。

 

Bitwalletを選択しましょう。

 

入金額を入力して「入金する」をクリックします。

 

Bitwalletの画面に切り替わるので、ログインしましょう。

 

入金額を確認して「決済する」をクリックします。

 

この画面になったらBitwallet入金の完了です。

 

FBSの入金 STICPAY

FBSの受取手数料STICPAYの手数料STICPAYへの入金
2.5%+0.3ドル無料クレジットカード3.85%、振込1%

STICPAYはBitwalletと同じ「オンラインウォレット」で、クレジットカード入金や銀行振込で入金することができます。

手数料が2.5%+0.3ドルかかるので、Bitwallet入金の方がおすすめです。

 
STICPAYの入金方法

STICPAYの入金方法は、まずFBSのマイページから、入金したい口座の右側にある「入出金」をクリックします。

 

STICPAYを選択します。

 

入金額をドルで入力しましょう。

 

STICPAYの画面に切り替わるのでログインします。

 

入金額を確認して「今すぐ支払う」をクリックします。

 

これでFBSのSTICPAY入金は完了です。

 

FBSの入金ができない場合

FBSへの入金できない理由としては「クレジットカード入金」のエラーが多いと思われます。

入金エラーが起きた場合は「何度やってもそのカードは入金できない」ので、別のカードで試してみましょう。

クレジットカードよりもデビットカードかプリペイドカードの方が入金しやすいです。

BitwalletやSTICPAYで入金できないトラブルが発生した場合は、BitwalletやSTICPAYに連絡を取るようにしましょう。

 

FBSの入金まとめ

入金の種類特徴
1位 Bitwallet入金手数料が少しかかるが、どんなカードでも入金でき、出金の時も手数料が安い
2位 クレジットカード入金、出金ともに手数料がかからないが、エラーで入金できないことが多い
3位 STICPAYBitwalletと似ているが金額が大きくなると出金手数料が少し高い

FBSの入金方法、入金手数料、入金できない場合の対処方法を紹介して来ましたが、FBSへの入金はBitwalletが一番おすすめです。

入金は「出金のことも考えて」する必要がありますが、Bitwalletは出金手数料が安く、早く出金することができます。

入金はクレジットカード手数料が少しかかるので、時間に余裕があれば銀行振込でBitwalletに入金すると良いでしょう。

FBSの登録はコチラ

 
【FBS関連記事】